しあわせレシピ

骨つきチキンのレモンバターソテー

「小岩井 純良バター」の上品でコクのある風味で、ただ焼くだけの鶏肉がごちそうに。骨つきチキンとじゃがいもが醗酵バターでますますおいしくなります。

NHKテキスト「きょうの料理」2020年12月号掲載ページより

材料

◆4人分

鶏もも肉(骨つき) 2本
「小岩井 純良バター」 大さじ1

<A>

小さじ1
こしょう 少々
にんにく(すりおろす) 1かけ

<B>

じゃがいも 2コ
ズッキーニ 1本
レモン 1/3コ

<C(混ぜ合わせる)>

レモン汁 1/2コ分
白ワイン 大さじ1
パプリカパウダー 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2

<仕上げ用>

「小岩井 純良バター」 ティースプーン6~8
バジルの葉 6~8枚

作り方

  • 〈B〉のじゃがいもは8等分に切る。ズッキーニはピーラーで皮をしまむきにし、3cm厚さの輪切りにする。レモンは薄い輪切りにする。

  • 鶏肉は裏面の骨に沿って切り込みを入れ、軟骨のところで半分に切り、〈A〉をすり込み、〈C〉につける。1を合わせ、30分間からひと晩、冷蔵庫に入れておく。

  • フライパンを熱して「小岩井 純良バター」を溶かし、2の鶏肉を皮を下にして、中火で焼く。香ばしい焼き色がついたら裏返し、残りの野菜を加えてふたをし、弱めの中火で15分間ほど蒸し焼きにして火を通す。器に盛り、バジルを散らし、「小岩井 純良バター」をスプーンで削って散らす。

当社からのひとこと

皆さまのコメントをお待ちしております。
※コメントの投稿方法:この画面を下方向にスクロールすると、コメントの投稿画面があります。入力する項目は、「お名前(ニックネーム)」「コメント」の2つです。入力が終わりましたら、画面下部の「送信」をクリックしてください。

コメントの投稿

refresh captcha

画像の中に見える文字を入力してください。

  • ※掲載されるまでに日数をいただいております。
  • ※個人が特定できる情報、誹謗中傷、公序良俗に反する投稿、重複投稿は削除させていただきます。
  • ※弊社のWeb サイト上への掲載およびその他広告宣伝物として二次利用させていただく場合がございますので、その旨ご了承ください。

同じ商品を利用したレシピ